記事一覧

Xmasに関する雑学

Merry Christmas!!

そういえばクリスマスですね。
スッカリ忘れてました。
だってオイラにゃ関係ないイベントですから~。
今日も普通に出勤でしたよ。


さて。

クリスマス(Christmas)
略して「Xmas」と表記される事も多いですが、稀に「X'mas」と表記されている事があります。

実はコレ、間違いなんですよ。

そもそも、「Christmas」を略して、なぜ「Xmas」になるのか疑問に思った事ありません?

Christmasの語源は「キリストのミサ」(Christ + mas)にあり、大文字の「X」は、それ一文字で「キリスト」を表す略語です。
つまり、「X」は既に略された文字であり、省略形を表す「アポストロフィ(')」は必要ない訳です。


そういえば「クリスマス」って何の日かご存じですよね?

「プレゼントを貰える日」でも「ケーキを食べる日」でも
「サンタクロースの日」でも「恋人達の聖なる夜」でもありません。

キリストの降誕(誕生)祭」ですよ。

「愛の日」でもあり、多くの国々では「家族と過ごす日」とされているのが普通です。
「愛」という意味では「恋人達の~」も完全に間違いとは言い切れないかも知れませんが・・・。


キリストの降誕(誕生)の日である「クリスマス」
実は、誕生日が25日であるという証拠は無いそうです。
どっかの国だか宗教の冬至の祭りと一緒になったのが始まりだとか。

で。

一般的に25日とされている「クリスマス」
前夜祭である「イブ」は24日。

でもね、「イブ」は「前夜(祭)」なのですよ。
つまり、「24日の夜から25日の朝に掛けて」が正しい。

また、キリストが生まれたのは夜と言われます。
24日の夜から25日の朝に掛けて・・・。
なので、本来はこの時間が「クリスマス」なわけです。

・・・あれ?

この辺は人間の生活基準が昼間なので仕方がないのかも知れません。

クリスマスの期間などは、国や宗教、教会によって違うみたいですから、そこまでこだわる必要もないのかな?

一度ミサを見てみたいと思う、キリスト教系の保育園卒園者でした。

タグ:雑記