記事一覧

今年の出来事~指の怪我と回復までの記録

******
載せようと思いながらも後回しにしていたら、気が付けば今年も終わりです。

年内の出来事は年内のうちに書かなきゃ。

と言う訳で、時をさかのぼる事昨年(2016年)の年末。
大掃除を兼ねて部屋の模様替えをした際、新しく棚が欲しいと思いました。

しかし、思う大きさの棚は市販されておらず、自作する事に。

材料の板だけでなく、丸ノコや電動ドライバなどの道具も購入し、設計図も描いて準備万端。


年が明けて今年(2017年)2月。

製作開始。


初めての丸ノコに苦戦しつつも、板を切断していく。

そして組み立て。

電動ドライバでネジを打ち込んでいく。

形になっていくのが楽しい。


そんな時、事件が起きました。


電動ドライバでネジを締めていると、ネジの頭からドライバが外れ、板を押さえていた左親指を直撃!

痛い。


しばらくすると、みるみる血が溢れていく。

絆創膏3枚重ねても滲んでくる始末。

ファイル 1960-1.jpg


まぁ、貫通しなかっただけでも幸い。

もしドライバじゃなくてドリルだったらヤバかったかも??


その後、棚はなんとか形になりましたが。所々に小さく血痕が^^;

血も止まり、傷口を見ると、爪の根元が少しえぐられてるかな?

ファイル 1960-2.jpg


でも、思ったよりも酷いケガじゃないみたいで良かったです。


しかし、コレで終わりではありませんでした。

約2か月が経ち4月、爪が伸びてきて発覚した事実。

なんと、爪が中途半端に割れていた!

ファイル 1960-3.jpg


どんな状態なのか判ってもらえるだろうか?

さらに月日が経ち6月。

爪が伸びると共に位置が上昇。
端が浮いてきて、引っ掛かりやすい状態に。

ファイル 1960-4.jpg


引っ掛かり防止のために包帯でも巻いた方が良いかな?

100円ショップに置いてあるか探してみると、指先用の包帯を発見!

これは今まさに今の自分にピッタリの品だ!と即購入。


数日経って剥がれた部分が先端に到達。

カパッと開く状態になったので、ニッパーで切断。

その下には新しい爪が出来てますが、なんとも不格好。

これって、ちゃんと綺麗な状態に戻るのかね?

ファイル 1960-5.jpg

とまぁ心配してましたが、今ではスッカリ元通りになりました^^


完全に元通りに治るまで半年掛かった今年一番の出来事?でした。

タグ:闘病生活

  • 2017年12月30日(土)19時03分

コメント一覧

コメント投稿

投稿フォーム
名前
Eメール
URL
コメント
文字色
削除キー
公開設定