記事一覧

猫の恩返し

******
昨日の「金曜ロ-ドショー」は「猫の恩返し」
 
2002年に劇場公開されたスタジオジブリの作品だが、実は今回初めて見た^^;
1995年に劇場公開された同じくスタジオジブリ作品「耳をすませば」と同じ「柊あおい」さんの原作。
共通して「猫の男爵」と「地球屋」が出てくるけど続編と言うわけではない。 
 
ちなみに「猫の恩返し」の原作タイトルは「バロン・猫の男爵」(徳間書店/ANIMEGE COMICS)
 
「耳をすませば」では、主人公・雫が小説を書くキッカケになった人形であり、その物語の中で命を吹き込まれ活躍する存在。
動き回るのは、あくまでも想像の中という位置づけだった。
 
今回の「猫の恩返し」は、その男爵が実際に活躍する物語。
主人公は「ハル」という女の子だが、原題からも解るとおり「男爵」は影の主役と言っても良い存在だ。
 
ちなみに「耳をすませば」と「猫の恩返し」の間には「耳をすませば・幸せな時間」(集英社/リボンマスコット・コミックス)と言う作品が存在する。
これは「耳をすませば」の完全な続編で、主人公・雫が高校受験で悩む時期の物語。
「猫の図書館」や館長を勤める「ムタ」、「猫の男爵」が登場する不思議な夢を見る。
この「不思議な夢」は、後の「猫の恩返し」にも通じる所がある。
 
さらに「猫の恩返し」が劇場公開される頃には「ユメノ街・猫の男爵」という作品がマーガレットにて連載された。
(集英社/マーガレット・コミックス)
こちらは「男爵」と「ムタ」以外の登場人物、場所は全く違うけど、「猫の恩返し」と似た内容。
この世界では犬の存在が大きく関わっている。
 
この「ユメノ街」の巻末には、描き下ろしで「巻末おきらくマンガ・ひろみちゃん」が掲載されている。
これは「猫の恩返し」で主人公・ハルの友達として登場した「ヒロミちゃん」が原作と映画での違う存在をハルに相談する3ページのショート・コミック。
コッチを先に読んでいた自分は、今回「猫の恩返し」を見て、やっと意味が解った(^^;
 
ちなみに、この「ヒロミちゃん」と想い人の「柘植(つげ)ちゃん」は、先述の「耳をすませば・幸せな時間」に同時収録されている「桔梗の咲く頃」にも登場している。
これが二人の初登場作品で、「柘植ちゃん」が主人公の恋愛物語。
「ヒロミちゃん」は彼の友達で片思いという設定は「猫の恩返し」とも共通している。
 
 
興味のある人は読んでみてねv
ファイル 1558-1.jpg
 

タグ:雑記

コメント一覧