記事一覧

活動を始める前の難関?

******
気付けば、貯金が大分減ってきている。
これはヤバイ。
 
ということで、仕事を探し始めました。
 
行動遅っ
 
 
さて、就職活動で必要な物。
それは履歴書。
 
何故か必ず書き損じを出すのであります。
 
 
で、何故なのか?と自己分析してみた。
 
 
どうやら、自分はせっかちな所があるらしい。
急いでしまい、勢いと惰性で事を運ぶ所がある。
 
そのため、思わぬミスに繋がるわけだ。
 
仙台●●という会社や学校名を書くべきところ、勢いで仙台市と書きそうになったりがイイ例。
時には自分の名前や住所をも間違う始末。
 
その、たった一文字のために履歴書一枚(一枚じゃ済まない事が多い)が無駄になるのである。
 
なんて勿体ない。
 
 
そこで、一文字一文字、いや、一画一画をゆっくり丁寧に書いてみることにした。
 
 
こ…、コレが俺の字…?
 
コレは俺の字じゃねぇ!!
 
 
って位の綺麗な字。
しかも、ミスなし。
 
これは良い!
 
 
この一枚は保管しておこう←?
 
 
この調子で数枚書いておけば後々楽だ。
 
と、二枚目を書いている途中で、ボールペンのインクが薄くなってきた。
インクの残量は充分あるのに…。
 
替えのインクが無かったので、別のボールペンに変える。
 
すると、文字の太さやインクの濃さが違う!
 
途中からインクが変わった履歴書、これってアリですか?
 
 
 
ところで、綺麗な字で書くということは、正確な字を書くことであるわけで。
 
 
ごまかしがきかない;;
 
ふと、この字って正確には横線何本?とか考えてしまった。
 
普段どれだけいい加減な字を書いているかが解りますな。
 
 
 
それと、「ゆっくりと丁寧に」という気持ちは、長く続かないらしい。
 
常に気を入れておかないと、すぐにスピードが速くなってくる。
 
 
それに、手も疲れる。
 
コレは筆圧が強い所為もあるだろうけど。
あとは書き慣れていないとか。
 
 
 
さて、無事に履歴書を書き終えたし…。
 
遊ぶかぁ~♪(オイ)
 
ファイル 1754-1.jpg

タグ:仕事状況

コメント一覧