記事一覧

アート・フェスティバル

2日目。そして最終日。
心配した天気も良好。
最後まで保ってくれ。

昨日の経験から、極端に早く家を出る。
9時半の受付開始に対し、現場到着8時!!
早すぎるだろうと思いながらも着いてみると・・・。
いるよ。4人ほど。
しかし、その内の二人は受付場所から離れたところで待機している。
勝った!
他の二人は受付場所に待機しているので、さすがに勝てない。
コチラの希望場所を選ばない事を祈る。

8時半過ぎ、ようやくスタッフが到着。
順番で3番目。
チョット悔しい。
一番始めの人が、即座に一番ブースを選択。
うわー!!いきなり取られたー!!!
2番目の人が、同列の逆サイド10番ブース。
仕方がないので2番ブースを選択。
まずまず、良いところ。
何と、ベンチがあるのだ。
コレは利用できるかも。
一番ブースの人が、半分くらい外側にずらして展示。
間にスペースが空いた。
ラッキー!
そこを似顔絵描きスペースとして利用しよう。
準備に時間か掛る方なので、さっさと準備。
隣(3番ブース)に女性。
挨拶を交わす。
出品物はアクセサリー。
凄い数だ。
負けたな。妹のビーズ・アクセサリー。

午前中はあまり客が来ない。
ポツポツと人が来る程度。
相変わらず「すげー」とか「似てるー」とかは言ってくれるけど。
ゆっくり見ていってー。
話しかけてー。

やはり人が出てくるのは午後からなのだろう。
それでも自分のトコに来るとは限らないが。

午後、しばらくしたら子供を連れたお父さんが声をかけてくれた。
金額とか聞いた後に「また後で来ます」と言って移動。
どれくらい経っただろう、見た事ある人だと思ったら、本当に戻ってきた。
しかも3人のお子さんを連れて。
3人!?
いや、無理じゃないけど・・・、難しいな・・・大丈夫かな・・・?
3人では用意した椅子が使えないので、早速ベンチを利用。
斜めから描く事になるが、その辺は承諾してもらおう。
後ろから両親が覗いている。
う~ん。緊張。
とりあえず順番に進めていく。
末っ子の女の子が可愛い。
男の子をある程度描き終えた時、見た母親が「今までで一番良く描けている」とコメント。
どうやら、過去に何度か描いてもらった事があるらしい。
しかし、男の子だけ、いつも微妙だったとの事。
「かっこよく描けている」って、ホントか?
終わってから、少し話をする。
写真から描く事は可能か?
注文という形で、写真を送るから。
って、マジ?
昨日もいたな。
しかも、来年の年賀状に使うとか。
マジ!?
なんか、信じられない話が進んでるんですけど。
いいんッスか?
金額なんか決めてないッスよ。
趣味ですから。

次に声をかけてくれたのは若いカップル。
「去年も描いてもらったんですよ」って。
あ~!
去年のアート展にて、写真撮れなくて悔しい思いをした、女性二人組の一人!
今回は彼氏と一緒ですね。
描いている途中に、友達らしき人が来て話す。
「去年描いてもらった人」
うわっ恥ずかしい。
女性は前回の方が上手く描けた気がする。
ごめんよ~。
秋にも来てね。
次こそは写真撮りたい。

次に待機していたのは、その女性の友達。
コチラもまた、なかなか魅力ある女性。
少々ポッチャリしているけど。
描いている途中に母親?らしき人が来て話す。
「去年○○ちゃんが描いてもらった人」
「あ~飾ってあるのとタッチが似てると思った」
は!?今何と?
飾ってある??
アレを?
なんか申し訳ないなー。
良かったら来年も来てね。
もっと上手く描いてあげたい。
写真を撮りたい。
って、そればっかりだな。

ポストカードが売れた後に来たのは母娘の二人。
なんか、今回は魅力ある人ばかりだな。
描きやすくて良いぞ。
実力がなくてうまく描いてあげなれないけど。
それが非常に悔しく、申し訳ない。

次に描いたカップルは、今度結婚するんだって。
おめでとー!
で、披露宴(だったかな?)で飾るとか。
は?マジ?やめて~!
途中で次の予約をしてくれたのは二人の女の子。
カップルも「可愛い」と称賛。
カップル男性曰く、上戸彩似らしい。

で、次にその女の子二人。
母親がどこかへ行ってしまっている。
まぁ、大丈夫か。
書き始めると、顔いっぱいの笑顔を見せてくれる。
いや、そんな無理に笑顔造らなくても・・・。
でも、うん、かわいい。
でも実力不足で上手く表現しきれず。
悔しい。
そんなん、ばっかりやな。

そろそろ終わりの時刻。
急に冷え込んできた。
赤ん坊を抱いた女性を描く。
今日はコレが最後かな。
赤ん坊がぐずる。
寒いのだろう、何度かくしゃみが。
できるだけ早く終わらせるからね。

終わりに近づいた頃、「もう終わりですか?」と年配の女性。
「良いですよ」と、快く承諾する。
1人くらいなら大丈夫だろ。

年配の女性を描き始めたら、若い男性が「次、いい?」
その後には中年より少し若めの女性が。
もう、周りの出展者がほとんど居ないんですけど・・・。
年配の女性は、思ったより描きやすく、見ている二人からも良いお言葉。

次の男性は寒いということで、脱いであった上着を貸す。
Tシャツは寒いだろ。
何でもバンドでドラムをやっているらしく、動いたら暑くて脱いだとか。
で、そのまま来たらしいんだな。
あ、ちなみに、すぐ側では同イベントでライブ演奏が行われていた。

その後、最後の女性。
もう既に、周りは誰もいない。
1人だけ、展示物がそのままの状態。
メッチャ目立つやん。恥ずかしい。
で、その女性は夫の仕事の関係でイギリス(だったっけ?)に暫く居たらしい。
そこでは似顔絵描きは¥2000くらいするらしい。
しかも似ていないとか。
やっぱり200円は安いみたい。
皆、値段を聞いた第一声が「え?そんなんで描いてくれるの?」
なんか、聞くと1000円くらいで考えているらしい。
ほぇー。
コレでも去年の100円から値上がりしているんだけどね・・・。
もっと値上げする?
でも、そんなにもらうほどの実力あるとは思っていないし・・・。

ようやく全てを終え、片づけを始める。
あれ?妹が今回のために手作りした名刺がほとんど残っていない。
いつのまに!?
風で飛ばされたか?(笑)
オイラのは少ししか減っていないのに。
しかし、連絡をくれると言った人は本当にくれるのだろうか?
不安だなぁ。
別に来なかったらそれでも良いけどさ。

荷物を車に運ぶ。
時刻は17時30分。
車に乗って進み始めると、ポツポツと雨が降り出した。
おおっ。危機一髪。タイミング良いな。
もう少し遅れていたら濡れていたよ。

帰宅して荷物を運ぶ。
さすがに今日は疲れた。
しかし、まだやる事はある。
今日も風が強く、砂で汚れたファイルを拭く。
中身が汚れなかっただけマシか。
収入計算。
参加費を軽く超えていた。
200円で設定していたが、多く支払ってくれる人多数で、嬉しい限り。

結局、今日も写真は一枚も撮れなかった・・・。
(T_T)
小心者なので言い出しにくいです。
せっかく、去年に悔しい思いをした女性も来てくれたのに。
それだけでなく、今日は魅力ある方達ばかりだった。
悔しいよ~。
次回のアート展では、是非!(ホントか?大丈夫か?)

ネット上の掲示板で知り合った方が来てくれたらしい。
似顔絵を描いてもらおうと思って何度か通ったけど、いつも誰かを描いていてダメだったと。
う~ん、ひとこと声をかけてくれれば・・・。

今日は昨日と違って十分楽しめた。
風が強い事だけが難点だが。
似顔絵描き、合計10組。
去年より一組多い。
名刺もらってくれた方、ありがとうございます。
見てくれているのかな?だとしたら嬉しい。

今日はグッスリ眠れそうだ。

コメント一覧