記事一覧

PCエンジンを修理・清掃してみた

******
事の始まりは、PCエンジンCD-ROMソフトを入手したので、久々にPCエンジンを引っ張り出したのが始まり。
 
それぞれ症状は違うものの、両方ともディスクを読まず使用不可となっていた。
 
 
このショックはデカい。
 
 
すでに生産は終了されているので、新品と買い替えるのは無理。
修理も、メーカーでの対応は既に終了していて当然だろう。
 
中古で入手するしかないのだが、これがまた高価。
 
動かないジャンク品でも\3,000とか、それ以上の値が付いている。
可動品ともなれば1万円は軽く超え、3万とか。
 
可動品の中にはメンテ済みというのもチラホラ見かける。
 
自分で修理できたりするひとっで良いよねー。
羨ましい。
 
自分でもできないかなー?
 
調べたら、なんとかできそうな気がしたので、道具をそろえていざ挑戦!
 
 
 
と、ここまでが前回の話。
 
今回は、実際に作業をしていきます。
 
 
まずはPCエンジンDUO。
 
症状は、ディスクを認識しない。読み取り不良。
 
 
 
 
原因の一つとして挙げられるのが、レンズの汚れ。
 
なので、無水エタノールを使って拭き拭き。

コレで直ればラッキーですが。
 
 
残念ながら、そう甘くは無かった様です。
 
 
となると、いよいよ分解。
基盤とのご対面となります。
 
DUOには特殊ネジが使われているので、対応するドライバーを使って外していきます。
 
いざ、ご対面~。
 
ファイル 1995-1.jpg
 
 
思っていたより綺麗な感じです。
パッと見は、それほど汚れとか腐食とか見当たりません。
 
が、よくよく見ると、やはり少しは汚れがありますね。
ホコリが薄っすらとではありますが付着してますし、何やら毛の様な物も。
 
ただ、コンデンサの液漏れとかサビとか、腐食は無い様です。
 
とりあえず無水エタノールで軽く掃除。
汚れを落とす。
 
けっこう汚い。
 
ファイル 1995-2.jpg
 
 
しかし、こうなると故障の原因はコンデンサの劣化かな?
直すにはコンデンサを交換する事になるんだけど・・・
 
自分でやるのは、ちょっとリスクが高い。
 
挑戦してみたい気持ちはあるけれど・・・
 
失敗した時のことを考えると、可動品を別に確保しておきたいです。
 
 
と言う訳で、DUOはプロに修理をお願いしたいと思います。
 
 
 
続いてはCD-ROM。
 
こちらの症状はディスクが回転しない。
 
ファイル 1995-3.jpg
 
 
原因の多くはギアの劣化らしい。
 
画像(写真)付きで細かく説明したサイト(ブログ)があったので、参考にしながら挑戦してみます。
 
参照:PCエンジン保守の館(新館)
 
 
 
まずは交換するギアの入手。
 
当然、純正品は手に入らないので、社外品の互換ギアになります。
現在も生産販売している方がいるんですね。
 
1個 \1.400。
 
届いて見れば、思っていたより小さくてビックリ。
 
ファイル 1995-4.jpg
 
 
続いてCD-ROMを分解していきます。
使用されているネジは普通のプラスです。
 
こちらが基盤と問題のギア部分。
 
少し強めに弄るとボロボロと崩れてしまいました。
 
 
 
グリスを塗って新しいギアを装着。
 
ファイル 1995-5.jpg
 
 
組み立て直して、交換作業完了。 
 
 
さて、動くかな?
 
 
 
 
う、動かない・・・
 
なぜ!?
 
 
ギア以外の部分に問題があるのでしょうか?
 
こうなるともう自分ではどうにもなりません。
 
 
こちらもプロにお願いしましょう。
 
 
と言う訳で、修理してみたけれど結果は失敗? 
 
直らなかったのでプロに修理をお願いする事になりました。
 
 
残念。
 
 
 

タグ:趣味 GAME

ゲーム機を修理してみよう~準備・道具をそろえる

******
そんな訳で。
(前回の日記参照)

修理作業をするために道具を揃えたのでご紹介。


1】 ドライバー

まず最初は、作業する上で必ず最初に必要となる物「ドライバー」

外装の掃除を除き、修理や清掃などの作業は最初にカバー(外装)を外すところから始まります。
そこで必要となるのがネジを回す道具、ドライバー。
(一部、ネジが使われていない機器もあるが割愛)

プラスやマイナスのドライバーは一般家庭にも置いてあるだろうし、もし無くても簡単に手に入れることが出来る。


が、世の中には特殊な形状をしたネジも存在する。
(ウチも今回初めて知った)

PCエンジンDUOに使われていたのが、六芒星型のトルクス(またはヘックスローブ)ネジと言う物。
しかも、中央に棒が付いた「いじり防止」タイプ。
これに必要となるのが、トルクスドライバーで、さらに中央に穴の開いたいじり防止対応タイプ。

これ、実は特殊ドライバーの中ではメジャーな方みたいで、ネットで調べてみたら100円ショップ(ダイソー)でも数種類売ってるらしいんだな。
で、早速最寄りのダイソーに行ってみたんだけど・・・売ってませんでした。
唯一、精密ドライバー30本セット(税抜き¥200)の中に含まれているのを見つけたけど、いじり防止未対応(穴が開いてない)でした。
他の店舗にも行ってみたけど、結果は同じ。
地域や店舗によって置いてある品物違うのかな?

ホームセンターに行ってみたら、普通に置いてあったよ。
しかも、種類豊富。

DUO以外で使われてるの見たことないし、使う予定も無いので、該当の一本だけ購入しました。

トルクスは特殊ドライバーの中でも手に入りやすいですが、任天堂のゲーム機(SFC/GB/N64)に使われているネジは、おそらく独自の物?というくらい特殊。

100円ショップはもちろん、ホームセンターなどの店舗でも見つけることができません。
ネットショップ(Amazonとかyahooショップなど)で見つけることが出来ますが、「任天堂ハード用」とか「ゲーム機用」とか書かれているので、本当に特殊なのでしょう。
しかも、海外製品みたいで、レビューを見ると耐久性に難があるみたいな事もチラホラ・・・

不安はある物の、貯めたポイントで買えるので実質無料!
安いビットを購入しました。
海外からの発送のため日数がかかるので、現在到着待ちです。
(なので、写真はショップの画像を引用)

ファイル 1994-1.jpg
 
 
 
2】 無水エタノール

基盤などを掃除するために必要となるのが「無水エタノール」

基盤は電子部品なので、当然、水は御法度。
無水エタノールは、その名の通り無水。
液体だけど、その成分は殆ど(99.5%以上が)エタノール(アルコール)なので、基板などの清掃などにも使える。

薬局やネットショップなどで売られています。
500mlで\1,200前後。

ちなみに、100円ショップなどで売られている消毒液なども同じ成分らしいけど、薄めたものなので、一般的な消毒や清掃には使えるけど基盤には不向き。
 
ファイル 1994-2.jpg
 
 
 
3】 グリス
 
ギアなどの可動部に塗って摩擦を抑える「潤滑油」
 
ホームセンターに行ったらいろんな種類があって、どれが良いのか判らず迷った。
そんな中、「万能」と書かれたものがあったので、これにしてみる。
万能ならなんにでも使えるでしょ。という、安易な考え。
 
この判断が正しいかどうかは不明。
 
ファイル 1994-3.jpg
 
 
 
4】 半田ごて
 
基板修理には欠かせない道具。
 
これもいくつか種類があって迷ったけど、そんな頻繁に使う訳じゃないし安いので良いや、と100円ショップ(ダイソー)で購入。(税抜き¥500)
 
ファイル 1994-4.jpg
 
 
 
5】 交換部品
 
修理する上で、破損した部品や古くなった部品は新しい物と交換が必要になります。
その交換する部品が無くては修理できませんね。
 
社外品でも同じ様な部品があればいいですけど、製品独自の部品なんかは入手困難です。
オールドゲーム機ともなれば、生産終了しているでしょうし。
ジャンク品に値段が付いて取引されるのはこんな理由からなんですね。
 
 
 
6】 エアダスター
 
必須ではないけれど、あれば便利かもしれない。
細かい部分のホコリや細かいゴミなどを吹き飛ばしてくれる。
 
ファイル 1994-5.jpg
 
 
 
とりあえず、こんなところかな。
 
次回、掃除&修理に挑戦です。
 

タグ:趣味 GAME

PCエンジンが逝っちゃいました(泣)

******
懐かしのPCエンジンCD-ROMソフトを入手したので、久々にPCエンジン(DUO)を引っ張り出してみる。

ファイル 1993-1.jpg


しかし、ディスクが認識されず読み込みしてくれませんでした。

ファイル 1993-2.jpg


な・なんですと!?


他のディスクで試してみるも結果は同じ。
どうやらハード側の問題らしいです。


とうとう使えなくなってしまったか・・・

ショックです。

泣きたくなるくらいに・・・

うぅ・・・


しかし、まだ切り札がある!

PCエンジン+CD-ROMのインターフェースユニット!

ファイル 1993-3.jpg


こちらは入手してから殆ど使ったことが無い予備みたいなもの。
中古だけど。

DUOは残念だけど、こちらで遊べるならまだ救い。


しかし、こちらは読み込み以前にディスクが回転しない・・・!!

マジかーー!?

2台とも使えないなんて・・・


ショックがデカいです。

うわーーー(泣)


当然ながら、もう生産販売されてません。

フリマやオークションなどで中古を買うしかありません。

それがまた高い!!


ジャンクでも5千円~1万とか。

動作可能品だと2~3万とかする。


ジャンクも、動作未確認ならまだ動く可能性もあるけど、逆に動かない可能性もあるわけで、バクチだよなー。
動かなかった時のことを考えると、その値段で手を出すのは難しい。

それ以上に、確実に動かないと説明されている物でも数千円って、高くない?
部品取りや修理目的なんだろうけどさ。


可動品の中には、部品交換などメンテナンス済みの物も多く、中にはさらに性能上げの改造をした品も見られる。

自分で修理とかできる人っていいよねー。
羨ましい。

工業系とか電子系とか学校出てるのかなー?

そういうとこ行ってないと無理かなー??

なんて話を友人にしたら、「本気でやりたいならネットとかで調べたり行動するんじゃね?」

とか言われた。


そうね。
今の世の中、ネットとかで調べたり学んだり出来るんだ。

古い人間なので、「解らなければネットで調べる」と言う事がまだ身についてないんだよなー^^;


思えば、以前に自分もネットで調べて複合機のメンテ作業してるじゃん。


早速、ネットでPCエンジンの修理を検索して探してみると、数件見つかりました。

ギアの交換とか、コンデンサの交換とか。


ふむふむ。

ギアの交換くらいなら自分でもできそうです。


そんな中、修理依頼を受け付けているお店も見つかった!

居るんだー!?


そこそこの値段するよね。やっぱり。

自分でやれば安く済むし・・・

やってみようかなー


それでダメなら修理と言う事で。


まずは道具をそろえるところから始めたいと思います。

タグ:趣味 GAME

相次ぐイベントの中止

******
明日の仕事も中止になりました。
 
 
イベントなどの設営・撤去が主な仕事なので、イベントが中止になると準備作業がいらなくなるから仕事も中止になるのよね。
 
 
その分、プライベートのやりたい作業に集中できてはかどるのは嬉しいけれど、やっぱり収入が無いのは辛いかな・・・
 
 
 

タグ:仕事状況

モニターを交換してみた

******
複合機を買い替える事に決めた際、ついでにモニターも買い替えようかなと考えました。
 
最近、調子悪いんだよね。
前PCとセット購入した物なので、こちらも10年使ってるからな。
 
 
さらに、複合機とモニターを買い替えるのなら、PCもまとめて一式買い替えようかと思いました。
 
 
複合機とモニターが新しいのにPCだけ古いってどうなのかなー?とか。
 
対応の是非とか相性も、同時期の物同士の方が絶対に良いでしょ。
 
今はどうか解らないけど、一昔ならWindowsのバージョン違いで対応してないとか、対応してても相性が悪くて動作不安定とか、あったからね。
 
 
ただ、現在使用しているPCを購入したのは2年前なんだよな。
 
これを「もう古い」と見るか、「まだ新しい」と見るか・・・
 
 
個人的には後者なんだけど。
 
 
 
こういうのを購入するのはタイミングも大事だと思うのです。
 
日々新しく良い物が出てくるので、「もっと良いのが出てくるから」とか言ってると、永遠に買えません。
何かしらのタイミング(大抵は金銭的なタイミング?)で行かなくては。
 
 
そして、今回のコレも一つのタイミングではないかな?と。
 
 
 
その方向で市場を確認してみると、一体型PCも目に留まります。
しかも、国産は殆ど一体型ばかり?
 
モニターと一緒に買い替えるのなら、一体型も有りか?
場所も一つになるし・・・
 
と考えましたが、やはり性能や拡張性に不安が。
場所が空くのは嬉しいけれど、それよりも性能の方が重要です。
 
ということで一体型は除外しました。
 
 
 
 
さて、モニターはどれが良いのか判らないので、とりあえず現在の大きさと同じくらいあれば充分かな?
 
 
PCはやっぱりパワー性能としてCPUとかメモリを見るよね。
 
 
しかし、現在のCPUはどれが良いのか、よく判りません。
 
昔だったら、単純に数字の高い方が良いと判りました。
 
今はどうなの?
 
 
現在主流なのは[core]なのかな? 一部[celeron]と言うのも見かけますが、数からして[core]の方が良いようです。
 
そして[core]にも、[core i3]、[core i5]、[core i7]とあり、最新だと[core i9]と言うのも出てきてるみたい。
 
これ、単純に数字だけ見て[core i3]より[core i5]、[core i5]より[core i7]と思ったんだけど、どうやらそうでもないみたいです。
 
 
[core i7-6700T]よりも[core i5-9600K]の方が性能は良いらしい。
 
では、後ろに表示される4桁の数字を見れば良いのか?と思えば、それだけで判断もできないらしく、[core i5-7640X]より[core i7-6900K]の方が性能は上みたい。
 
 
難しいな。
 
 
 
で、とりあえず現在使用しているPCの性能を確認し、市場の物と比べてみる。
 
 
すると、あまり大差ないことが判明。
 
今市場に出ている物の方が、ほんの少し上な程度。
 
安い物の中には、使用中のPCよりも低い物も見られた。
 
 
 
う~ん。
 
これなら高い金額出して買い替える必要も無いかなー。
 
 
 
 
買い替えるのはモニター(と複合機)だけにするかー。
 
 
 
 
と、ここに来て、ふと一体型PCが有ったことを思い出しました。
 
 
叔父が買い替えた時に、要らなくなった物を譲って貰ったのです。
 
使うためではなく、オークションに出すために。
 
 
これっていつ頃の物だっけ・・・?
 
たしか、Win10ではなかったような?
Win7か8か・・・
 
 
確認のため起動したら、Win10でした。
 
でも、機種を調べたら、やはり初期装備はWin7だったようです。
 
そういえば、バージョンアップ時の相談を受けた記憶が。
 
 
当然、性能は現在使用の物より落ちますが、モニターとして使うつもりなので問題はありません。
 
それ以前に、これを別PCのモニターとして使う事は可能なのだろうか??
 
 
調べてみたところ、端子があれば可能と言う事。
 
で、確認したら、ありました!!
 
 
これでPCモニターの件は解決ですね。
 
 
 
実際に交換してみました。
 
ファイル 1991-1.jpg 
 
うん。でかい!
 
外観の大きさだけでなく、表示の解像度も違うので、今までスクロールしないと見れなかった部分もそのままで見れるよ!
 
その反面、マウスの移動距離とかが変わったため、今までとは動きの感覚が違ってしまったのが難点と言えば難点かな。
時々マウスを見失うし・・・
 
まぁ、それもその内慣れるかな。
 
ただ、コレになれてしまうと以前の大きさには戻れなくなるなぁ・・・とも。
 
 
さらに、発色がいい。
白色が真っ白で、各色が綺麗に見える。
 
これは思いのほか良い結果になった気がします。
 
 
しかし、それに反して、反射というか映り込みが強くて、暗い部分は見難い気も・・・
 
これて、防ぐとか和らげるとか方法があった気がするけど・・・?
 
 
 
さて、PCモニターとして使う事になった一体型PCですが。
 
そうなると、PCとしての部分、つまりHDは使われないんだよね?
勿体ないよなー。
 
確認したら2TB!!
 
うわー!
これは勿体ない!!
 
外して外付けハードディスクとして使いたいー!
 
 
PCとして使わないんだから外しても問題無いよねー??
 
 
 

タグ:PC