記事一覧

「アンリアレイジ」が東大とのコラボ作品で出展 森美術館「六本木クロッシング 2019展」

ファイル 6-1.jpgファイル 6-2.jpgファイル 6-3.jpgファイル 6-4.jpgファイル 6-5.jpg

森美術館が、日本の現代アートシーンを総覧するシリーズ展「六本木クロッシング 2019展」を開催する。会期は2月9日~5月26日。6回目となる今回は、現代の表現を通じて見えてくる“つながり”に注目し、1970~80年代生まれを中心としたさまざまなジャンルで活躍する日本人アーティスト約25組を招いた。今年でブランド設立15周年となるファッションブランド「アンリアレイジ(ANREALAGE)」や、現代社会を映像で批判的に表現するアーティストの飯川雄大などが出展する。

 森永邦彦デザイナー率いる「アンリアレイジ」は東京大学の川原研究室と協業し、人の体温でも形状が変化する低沸点液体を使った新しい服を提案。風景画を独自のアルゴリズムで変換し数学理論的な多次元空間を表現する平川紀道の作品や、“猫オリンピック“と題した東京五輪開催に沸く日本を独自の視線で現した竹川宣彰の作品、万代洋輔の不法投棄されたゴミを組み合わせたオブジェなどが並ぶ。

■六本木クロッシング2019展:つないでみる
日程:2月9日~5月26日
時間:月・水~日曜日 10:00~22:00 / 火曜日 10:00~17:00
場所:森美術館
住所:東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー53階
入場料:一般 1800円 / 高校・大学生 1200円 / 子供(4歳~中学生) 600円 / シニア(65歳以上) 1500円

デザインも履き心地も満点 JADE CREWの新作スニーカーに注目

ファイル 5-1.jpg

ストリートダンスをコンセプトにするシューズブランド、JADEはもうチェック済み? ナイロニスタの間でも人気急上昇のブランドからセカンドライン、JADE CREW(ジェイドクルー)が新作アイテムを引っ提げて登場!

今回の春夏コレクションに到着したのは、ウィングチップでトラッドなスニーカー。トライバル柄やポップでカラフルなデザインなど、様々なスタイルに合う全5種類がお目見え。シューレースなしでも履けるように靴の内部に平ゴムを配置し、フィット感を損なわずに2パターンのスタイルを楽しめるから、あらゆるシーンで活躍しそう♪ そしてクッション性抜群な厚めのインソールに対し、薄めのアウトソールで足元をスマートに見せてくれる優秀なデザインで重宝すること間違いなし☆

JADE CREWの新作シューズは絶賛発売中。まだまだ勢いが止まらないスニーカーブーム、NEWなブランドで周りと差をつけてみてはいかが?

リーバイスの18年度は欧州とウィメンズが成長をけん引 13.6%増収

ファイル 3-1.jpg

リーバイ・ストラウス(LEVI STRAUSS以下、リーバイス)の2018年11月期決算は、売上高が前期比13.6%増の55億7500万ドル(約6076億円)、純利益は同横ばいの2億8500万ドル(約310億円)だった。純利益については、米国の税制改革に関連して1億4300万ドル(約155億円)の特別損失を計上した影響が出た。

 地域別の売上高では、ヨーロッパが同25.4%増の16億4600万ドル(約1794億円)と大幅な伸びとなった他、南北アメリカが同9.6%増の30億4300万ドル(約3316億円)、アジアが同8.4%増の8億8700万ドル(約966億円)といずれも好調だった。部門別では、事業のおよそ3分の1を占めるウィメンズの売り上げが同28%増の16億ドル(約1744億円)となったことに加え、トップスラインが同37%増の10億ドル(約1090億円)以上となった。なお、第4四半期の売上高は前年同期比8.5%増の15億9200万ドル(約1735億円)だったが、前述の特別損失の影響の他、EC事業への投資や広告費の増加によって純利益は同16.3%減となっている。

 チップ・バーグ(Chip Bergh)社長兼最高経営責任者は、「製品の多様化やEC事業の強化、そして世界中の消費者との“つながり”を深めるという戦略が奏功し、売り上げと総利益の両方を伸ばすことができた。シグネチャーラインとウィメンズが好調だったため、18年に卸売先が300以上減ったにもかかわらず、米国の卸売事業は前期比7%増となった。今後も卸売は厳しい状況だと思うが、引き続き当社の強みを生かして収益性を高めていきたい。地域別では、アジア事業の強化に注力する。中国はグローバルなアパレル市場のおよそ20%を占めているが、当社の売り上げの5%に満たない。長期的に大きなビジネスチャンスがあると見ている」と語った。なお、リーバイスは18年11月、新規株式公開(IPO)を実施するのではないかとのウワサが流れていた。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ